利用者同士での事件が発生

万が一に備える

初対面は特に注意する


出会い系サイトでは見知らぬ男女が出会う場所です。

今まで知らなかった人とメールでコミュニケーションをして仲良くなってから会うことになるので初対面でもそこまで緊張せずに話すことができます。

出会いの場として非常に素晴らしいからこそ20年以上経っても多くの人が利用していますよね。

その反面素晴らしいものを悪用しようと考える悪人もいるということを覚えておかなくてはいけません。

ここでは過去に出会い系サイトを悪用して利用者に被害を与えた事件やトラブルを紹介していきたいと思います。

しかし、勘違いしないで欲しいのは滅多に起こることはないということです。

ほとんどの人が普通に出会いを求めて交流することが出来ています。

何のトラブルもありません。

ただ、万が一に備えて過去にこういった事例が起こったと言うことは把握しておかなくてはいけません。

実際に遭った件を紹介していきます。

ドライブで性行為の強要


出会い系サイトで知り合った相手にドライブに行こうと誘われて良い人だと思ったし、ちょっとドライブに行くのも楽しそうだと思ってオッケーをして待ち合わせ場所でドライブに行くことになりました。

ぎこちなくても楽しいドライブだったのですが、途中で高速に入って人気のない森の中に着いたらいきなり人が変わったようにいきなりここで性強要をされてしまいました。

始めは抵抗をしていたけれど言うことを聞かなかったらここで車から降ろすと言われて誰もこないような場所で置き去りにされてしまったら困ると言うことで言うとおりにしました。

言うとおりにしたのにも関わらず最終的に身ぐるみはがされて置き去りにされてしまいました。

何とか通りかかった人に助けてもらいましたが、本当に怖い思いをしたという事件があります。

高額商品の強制購入


知り合った相手がイケメンだったり、モデルのような綺麗な女性でデートをしていたら、ちょっと秘密の場所があるけど行ってみないと言われて言うとおりに進むとビルの一室に通されてそこで怖い人が待っていて強制的に商品を購入させられてしまいます。

ドアは開いていても実質的に監禁状態にされてしまって逃げ道が無い状況で追い込まれてしまいます。

お金がなくてもローンを組まされてしまって高額商品を買うまで帰れなくなってしまうのです。

後でクーリングオフを適用すればいいかなって思ってしまう人もいますが、悪い人はクーリングオフが適用出来ないように契約を結ぶので実質的に泣き寝入りするしかない状況に追い込まれてしまうのです。

まず怪しいところに行かないようにしましょう。

怪しいと思ったらすぐに逃げるようにしましょう。

美人局(つつもたせ)の被害に遭う


男性をターゲットにしたものが美人局と呼ばれるもので、綺麗な女性からの積極的なアプローチを受けていざ待ち合わせに行くと写真で見たとおりの女性が待っていて相手の言われるがままにホテルへと向かいます。

そしてホテルに行こうと思ったところで怖いお兄さんに因縁をつけられてお金を出せと言われて支払うはめになってしまいます。

もしくはホテルから出てきたところを見張られて写真に撮られてしまって、財布を取られて会社の名刺などがあれば会社にも連絡を入れると脅されたりしてお金を取られてしまうのです。

甘い罠にはまらないようにするためには女性からの積極的なアプローチには十分警戒をする必要があるのですが、やはり綺麗な女性からのお誘いには男性は乗ってしまうものです。

ですから対策として少しでも怪しいと思ったら身分が分かるものは持ち歩かないようにしないといけません。

またお金も必要最低限のお金しか持たないことが大前提であり、相手の指定するホテルには入らないようにしましょう。

出きる事ならばロッカーなどに携帯を一緒に入れて外部と連絡が取れないようにするようにしましょう。

そしてホテルに出入りする時はお互いに1人ずつ出るようにしましょう。少しでも怪しいと思ったら徹底することが大切です。

相手から不審がられてしまうかもしれませんが、素直に美人局が怖いからと言えば相手が美人局でなければ条件を受け入れてくれるはずです。

これぐらいの警戒心をもって望まないと大金を取られて脅されてしまう可能性もあります。

マルチ商法や宗教の勧誘


出会い系サイトでここ最近増えているのが勧誘です。

マルチ商法や宗教と言うのはまずは自分の身内から始まってそこから友達や知人に行きます。

しかし、すぐに人脈と言うのは尽きてしまうものです。

そうなるとどこで相手を勧誘をするのかというと出会い系サイトやSNSなんです。

特に女性の場合は出会い系サイトも完全無料で利用することが出来るのでマルチ商法をしている女性は勧誘している人もいます。

最初に喫茶店などで話をして途中からマルチ商法の話をしてきます。

興味があれば話を聞いてもいいですが、興味がないのであればすぐにその場を立ち去ったほうがいいでしょう。

相手はあくまでも勧誘目的で来ているのでやり取りをしていても意味がありませんし、そこから恋愛関係には発展しません。

ハッキリと断らないとズルズルとなってしまうのでその日は諦めて去りましょう。