失敗した話

気をつけなければいけない

数々の失敗がある


出会い系サイトを利用している人はすべての人がうまくいっているというわけではありません。

当然ながらせっかくいいところまでいっていたと思っていたら実は失敗していたということも珍しくありません。

成功の陰には失敗ということもあるのです。まさに表裏一体といってもいいのではないでしょうか?

ですからまずはしっかりと失敗したことを学び同じようにニの轍を踏まないようにしましょう。

男性と女性両方の面から書いていきますので男性女性どちらも是非ご覧になってください。

男性の失敗で非常に多いのががっついていしまうことです。

男性はすぐに夜の行為に持っていきたいと思ってしまう人が多いですが、これに女性は引いてしまいます。

だって自分の体目当てと思われるのは女性にとってうれしいことでもありますが、途端に男性の器を見えてしまうところでもあるのです。

それがいきなり求められたら何もその人のことを知らないのにもかかわらず許すわけがないと思ってしまいますよね。

まずは仲良くなっていろいろとコミュニケーションを図ったうえでこの人だったら許せるかなぁ~という気持ちになって初めてそういったことになります。

ですので最初に会った段階ではいきなり誘うのは失敗につながります。それまで一生懸命メールのやり取りをして仲良くなったにも関わらずそういうことをしてしまったらそれまでの苦労が一瞬で崩れてしまいますので気をつけましょう。

相手からのボディタッチが多かったり、明らかに誘ってくる場合以外は一回目のデートでは誘わないようにしましょう。

続いて女性側で失敗することが多いことについて紹介していきます。女性はどうしても相手ではなくて相手が身につけているものを見てしまいがちです。

身につけているというのはステータスであったり年収だったりを見てしまいますよね。

結婚をしたりする上ではものすごい大切なことです。

少しでも経済的余裕があった方がいいと思うのは当然の反応なんですよね。

とはいえ男性は自分自身を見てほしいとどうしても思ってしまいます。

もちろんそれまで積み上げた努力があるからこそステータスはつくものですが男性は自分の性格を見てほしいと考えてしまいますので女性からはなるべく年収のことを聞かないほうがいいでしょう。

聞いても一回でまとめて聞くぐらいにしておくぐらいにしておきましょう。

そうしないと大変なことになります。

男性女性ともに思い当っている人はやめるようにしましょう。