セフレの関係をする際の注意点

油断だけは絶対にしない

絶対にルールを守るようにする


出会い系サイトを利用している人の中には結婚をして家庭を築いている人も多いです。

人妻や妻帯者が割り切りのセフレの関係を求めて利用しています。

世間的にはダメなことでも求めている人は非常に多いのが実情なんです。

出会い系サイトを通じてセフレの関係や割り切りの一夜限りの出会いと言うのは非常に多いですが、その分気をつけなくてはいけないことがあります。

もし家庭にバレてしまったらもう一巻の終わりと言うことです。

家族はバラバラになってしまいますし、慰謝料などを請求されてしまって子供がいたら子供にも大きな傷となって残ることでしょう。

シングルになってしまうので生活をしていくのも非常に大変です。

そのリスクを背負わなければいけないということは覚悟しなければいけません。

浮かれてしまうかもしれませんが、まずはバレないようにするということを頭に入れて置くようにしましょう。

バレてしまわないようにするためにはお互いにルールを必ず作ってそれを守るようにしましょう。

もし約束を破ってしまったらもう会うことをしてはいけません。

例えば家族が集まりやすい時間帯の夜はメールのやり取りをしてはいけない。

またメールのやり取りも必要最低限の会話でかつ、仕事の連絡のような言葉遣いだったり、友達とみんなで会うような約束のように見せかけるようにしましょう。

連絡の取り方もLINEなどでする事が多いかもしれませんが、出きる事ならば出会い系サイト上にログインしないと見れないようにしましょう。

LINEやメールは真っ先にチェックが入りますよね。ですからLINE上でやり取りをするときもすぐにお互いに消し合うようにしましょう。

一度決めたルールを定期的にお互いに確認しあうことも大切です。

常に危機感を持って関係を持たなくてはいけません。

何回も会ってはいけない


セフレの関係になったら結婚生活で忘れていた恋人のような高揚感が出てきます。

付き合いたてのカップルのように何度も会って性行為をしたくなってしまう気持ちも分かります。特にセックスレスのような家庭の場合は特にそう感じるのではないでしょうか?

しかし、会う回数が増えれば増えるほどバレてしまう可能性は当然上がってしまいますよね。

会いたい気持ちや抑えたい気持ちをぐっと抑えて月に1回、多くても2回程度にしておかないといけません。

週に1回とか2回会っていたら絶対に怪しまれてしまいますし、家庭にはバレていなくても周りに人がいるので周りから噂となって出回ってしまうこともあります。

ですから頻繁に会うようなことはせずに極力控えるようにしましょう。

また会う場所も家の近くで会うことは避けて誰も使わないような駅で会うようにしましょう。

一番してはいけないのがホテル代が勿体無いといって自宅で会うようなことは絶対にしてはいけません。

一番危険な行為だと思って自宅はお互いに知らせないようにしましょう。

一方が本気になったら別れる


セフレの関係を続けているとどんどん気持ちが燃え上がってしまう人がいますが、必ず一方が本気になってしまったら別れるようにしましょう。

お互いに家庭を優先する間柄じゃないと非常に危険です。

あくまでも遊びの気持ちや欲求不満を解消するためのパートナーと言う位置づけにしておかないと大変なことになってしまいます。

家庭を壊しかねたりする人もいます。

本気になったら名残惜しいかもしれませんが、連絡先をブロックして自分も連絡先を絶つようにしましょう。

こういった時にお互いの家を教えあってしまったらまずいのです。

家にまで押しかけてきたりして家庭をめちゃくちゃにしてやろうと考える人もいるためです。

ですからリスクを最大限減らすために相手が本気になったらすぐに連絡を絶つようにしましょう。

基本的に浮気というのはしてはいけません。世間の目は冷たいものです。

1人がしっかりしていてももう一方がしっかりしていなかったら行けませんのでしっかりとリスクを考えて常に周りを警戒して行動をするように話し合いましょう。